「 アラジン 」ブルーフレームヒーターでゆったりとした休日を過ごそう!

北海道の夏もあっという間に終わり、朝晩は大分冷え込むようになってきました。

今日は、我が家でもこれからの季節使用頻度が高くなってくるであろうアラジンストーブを紹介したいと思います。

便利な高機能ストーブではありませんが、青い炎がゆらゆらしているのを眺めているだけで幸せになれる不思議なストーブです(≧∀≦)

[アラジン]ブルーフレームヒーターの紹介

アラジンストーブってどんなストーブ?

アラジンのブルーフレームヒーターはイギリスで誕生しました。発売されて80年以上経ちますが、デザインがほとんど変わっていないのには驚きです (ll゚д゚)

ブルーフレームヒーターの紹介

もちろんマイナーチェンジを重ねて少しずつ改良されてきたのでしょうが、これだけ長く愛されるにはそれなりの理由がありそうです。

ストーブの仕組み

基本的には灯油が染み込んだ「しん」に火を灯すので電気・電池は使いません。ライターと灯油さえあれば暖をとることができます。

アナログなだけにメンテナンスも必要なので、この辺もひっくるめて楽しめる人には向いているかもしれませんね。

それと、対流式のストーブなので部屋をガンガン温めるような力はありません。じわじわと温める感じですね。

点火方法

点火方法ですが、先ずはサイドにあるレバーを上げて本体の筒部分をゆっくり開きます。ダイヤルを回してしんを写真の位置くらいまで上げてこれに火を付けましょう。

ブルーフレームヒーター点火の仕方

全体に火が回ったら本体(筒部分)をもとに戻し、青い炎が1cmくらいになるようにダイヤルを回して微調整します。

火を消したいときはダイヤルを反時計回りに回すだけです。簡単〜(≧∀≦)

ブルーフレームヒーター点火方法

右に見えるつまみは耐震自動消火装置です。

レバーを上げてダイヤルを燃焼方向に止まるまで回すとセットされます。倒れたりすると瞬時に消火されるようになっているので安心です(≧∀≦)

注意する点

何かと面白いアラジンストーブですが、ひとつ注意しなければならないことがあります。それは「空焚き」です。

アラジンストーブの注意点

しんは綿製なので灯油が切れてしまうと大量のすすが出て部屋の中が大変なことになります。幸い自分はまだ経験していませんが、灯油切れでアラームがなったりするといった機能もないので気を付けるしかありませんね。

まとめ

アナログ式なので正直手間がかかるストーブです。しかし、それを差し引いてもおつりが来るほどの魅力があります。

デザインも可愛いのでお部屋のインテリアとしても優秀ですし、何よりじんわりとゆっくり暖かくなっていく感じが気に入ってます。

興味がある人は是非アラジンストーブ試して見てくださいね(≧∀≦)

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク