愛犬が初めてのヒートに。避妊手術の時期や費用について考える

愛犬家のみなさんこんばんは

我が家には生後10ヶ月になるメスのラブラドールがいます。

先月初めてのヒート(生理)を経験し、家族はてんやわんやの大騒ぎ。

今後、長く健康で暮らしていくためにも、どのように対応していくのがいいのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ヒートとは?

メス犬のヒートと呼ばれる現象は人間の生理とは根本的に仕組みが違い、発情を意味するものです。

人間の生理と同じように出血したりもしますが、主には子宮内膜の充血が原因のようです。

ヒートは生後6ヶ月過ぎた頃から始まると言われてますが、ワンちゃんのサイズによっても違いがあるようです。頻度としては、年に12回の周期で繰り返します。

当然ヒート期間中はドッグランなどにも連れて行けませんし、運動不足にもなりやすいです。精神的に不安定になるワンちゃんもいるようです。

ムギはクッション目掛けて腰をフリフリしてましたね。

避妊手術について考える

さて、ヒートが理解できた我が家では避妊手術をどうするか?という話し合いになりました。

予備知識が全くなかったのでメリット、デメリット、手術の時期や費用について調べてみることにしました。

メリットについて

病気の予防

手術で摘出される卵巣や子宮からはさまざまなホルモンが分泌されるので、それに関連した病気のリスクが減ります。

出血がなくなる

家の中を汚すことがなくなります。出血は2週間ほど続くのでマナーパンツの購入費用もバカにできません。

他のワンちゃんとのトラブル防止

ヒート中は雄犬を刺激してしまうので散歩中のトラブルが増えます。時間帯をズラすなど工夫が必要になります。もちろんドッグランなどにも行けませんが、避妊手術をするとその辺の心配はなくなります。

ストレス軽減

ヒート中は落ち着きがなくなったり、食欲不信になったりします。ヒート後は偽妊娠で子供を育てるような素振りをみせたりすることもあるようなので、色々と神経質になりやすいです。

デメリットについて

手術のリスク

当然手術のリスク、麻酔のリスクは避けるとはできません。獣医さんからしても頻度の高い手術ではあると思いますが、最悪のケースも十分考えられるということを頭に入れておきたいです。

手術後はホルモンバランスの影響もあり、太りやすくなる傾向があるようです。

手術の時期について

ワンちゃんのサイズによっても異なりますが、手術の時期が早すぎると体力がなく、リスクが高まるようです。

発情中は組織の充血により出血しやすいらしいので、少し時間を置いてからの方が良いようです。

うちのムギちゃんは初めてのヒートが終わって1ヶ月経つのでまさに今がそのタイミングになります。

手術の費用について

動物病院によって違いますが5万円前後が多いようです。入院する日数によっても変わってくるので、行きつけの病院に確認するのが一番かもしれません。

まとめ

我が家では今のところ避妊手術を受ける方向で進めていますが、飼い主が正しい知識を持ったうえで判断してあげることが、なにより大切だと思います。

YouTubeはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク